アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スパ4ガイ」のブログ記事

みんなの「スパ4ガイ」ブログ


スパ4 ガイ攻略その5

2011/04/23 20:43
さてそんなわけで、前回記事からまたもや期間が空きましたが
ちょっと気になる技を編み出したのでここにまとめようかなと。

その名も高速連華(仕込み連華)


名前は勝手に付けました。まあ高速ってついてるけど別に連華が1Fになるとか
そういう技術じゃないですからね。コレ。


・じゃあ何?
そう、じゃあ何が高速かってえとコマンドが高速になって、短い入力猶予の割り込み
ポイントに連華を持ってこれるって技術。数少ない連華チャンスポイントを増やせる。
やってる人は多分普通にやってるんだろうけど、あまりネット対戦とかでは
見かけないんで、いかにも俺見つけた!!厨みたいな
書き方にしときます。



・理屈。
例えば連続ガードにはならない小技の連打に対し、連華のコマンド途中のガードを
利用して初段をガード、2段目の発生前に連華で割り込みます。こうすることで
長ったらしいコマンドが逆ヨガだけで発動するため、アベルのEXトルで割り込むのと
似たように発動出来るようになります。



・入力
前置きはこの辺にして。入力方法なんですけど、
普通に6321463214+ppp(逆ヨガ2回)です。理屈でも述べたように、
このコマンドの始めの14部分で敵の技をガードするようにし、その後に
63214+pppで発動するようにします。まあこんなテクニック、稼働初日でも
思いつきそうなモンですが、いざやってみると割とできない。
しかし、以下の意識でやってみると結構安定したりします。つまりは・・・




6321というコマンドで、相手の小技をブロッキングするようにする。


です。あとはそのまま残ったコマンドを入力するだけ。ここでもう2つポイントなのですが、
小技が取れていようといまいと、残る63214まで
コマンドを入力して、取れた場合のみボタンを押す事


6321の1の部分をほんの一瞬長めに入力すること

こうすることで、成功するとまるでブロッキングからギガス(3rd、ヒューゴのコマ投げ)
が発動するかのように連華が発動します。意識的な話で申し訳ないですが、
この成功後の演出からもブロッキングという感覚が一番近いと思います。


・やってみよう
トレモでケンを選択し、ジャンプ中K→コパ→中Pをレコードして再生。
ジャンプ中Kガード後、すぐに6321を入力。相手がコパを出してくるので
ガードしたかを確認せずに63214+pppを入力。これでコパガード後
連華がリバーサルで出なければ成功です。
別にリバーサルで出てもいいんですけど、
相手の入力が遅かった際にジャンプで逃げられてしまう為です。
ちなみに割り込み猶予が1Fしか無いような連携に対して使うときは
リバーサル表記のタイミングでOKです。


コツとしてはジャンプ中Kガード後、すぐに6321をというところでしょうか。
632とガードできないコマンドが続くため、遅いと攻撃を食らってしまいます。
出来れば、J中Kをガードしたヒットストップ中に入力を済ませるつもりでやると
いいと思いますよ。


慣れてきたら、ベガ飛び込みからのコアコアなんかで練習しましょう。






・割と重要な利点。
トレモなんかでやると分かりますが、この高速連華、
連続ガードの時には発動しません。
入力が遅いと出てしまいますが、出ないようにするタイミングの入力があります。
ただし、2段目が連続ガードとなる下段の攻撃はヒットします。
あと、攻撃の遅い大攻撃に対して行うと
ヒットストップの関係上発動しません。

あんまり遅いと喰らっちゃいますけどね




・使いどころ
そんなわけで、主な使い方を模索してみたよ。
 ・ガードは簡単だが、ガード後、密着不利になってしまう技に対して。
 ・飛び込みコパ(コア)などからの連続にならない攻撃に対して。
  (コパ→投げ コパ→グラップ潰し コパ→連ガにならない小技)
 ・グラップ漏れコア→続く攻撃などに。
  →イズナ肘後の相手のグラップ漏れコアとかでも。
 ・連ガにならない正面跳びからの小技に対して。
 ・その他もろもろ。


用は、連ガにならない連携の初段タイミングを読んで入れ込めば
距離が許す限り発動する
。ので、他にもポイントは沢山あると思います。
要は密着付近で割れる連携に対してですね。








そんなわけでまとめ。


利点
・細かい連携に連華を刺せる。
・連ガを伴う連携に対しては連華が発動しない。

弱点
・相手の技のタイミングを読む必要がある。
・距離が離れるとダメ。
・遅らせ、様子見に弱い。
・初段が投げの場合に抜けられない








とこんなかんじですね。まあこの入力を使った更に複合式の
入力で更に強力になるんですけど、長くなったので今回はこの辺で。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


そういや

2011/02/08 04:34
スパ4も引き続きやってます。ガイメイン。

以下自分用メモなので。特に人見せ用とかじゃないです。


バイソン戦
・立ち会いでセビ1、2ぶっぱを試してみる。
セビを見せると高確率でタンパかブレイクが飛んでくるので
ストレートを捨てて持続を当てる。

・↑の結果相打ち状況で崩れに間に合えばスラをさす。
たぶん空中ヒット扱いになるので、着地にカカトと見せかけて
急停止下中Kでヘッドスカり大Kをねらう。

・詐欺飛び時にスカし遅めコアを試す。
詐欺に対してEXアッパーでつっこんでくる可能性が高い為、
アッパーにコアがささるよう置く。同タイミングでヘッド、タンパにも
対応できるタイミングを探す。

・上記で詐欺が通るようになったら大Kに混ぜて小Kを狙う。
その後は大P→急停止→コアゴクサを狙う。

・前投げからも遅めコアで攻める。

・肘→中Kを試す。

・タンパのあとぱなしを適度に入れる。



とりあえずここらへんをトレモで試すか・・。







記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ガイ攻略 スパ4 その4

2010/06/29 15:08
はい、そんなわけで第4回です。
前回では有効なというより個人的に有効と思うセットプレイについて
書いたので、今回はその始動から見ていきましょうか。前回、前々回
にあった前いれっぱで歩き始めたら前J連携は前投げ、イズナ、獄鎖、
回転イズナ(空中の方)が始動になります。これだけあればかなり狙えますね。
従って、戦闘中に狙う技もこれがメインになります。とはいえこれだけだと
中々当てる機会がないのも事実。そう、崩山斗〆からのセットプレイがな
いんですよね。てなことで崩山斗〆からのセットプレイ。

受け身にEXイズナ。以上。

ほんとこれだけです。これが捌かれてしまうと他のセットプレイは有りません。
カカト重ねるぐらいですか。端ならばここから追撃も可能ですし端近くなら
めくりも狙えるんですけどね。そんな訳で、ここの場面では無理をしないことが
結構大切です。場所的に端付近にいくので位置取りに気を遣う程度でいいと思います。
ただこのセットプレイも意表をついたり忘れた頃にやるぐらいであるならば
充分有効な選択肢なので取り入れていきませう。

んなわけで色々と独自のセットプレイを紹介してきましたが、
さらに既存のしたらばに書いてあるようなセットプレイもこの際紹介しましょうか。

後ろ投げ→最速バクステ→前J
しゃがみ中K→立ち小P→小イズナ
影すくい→垂直J→大K2段目

とこんなとこでしょうか。開発されているとこだと。
まあこれで始動は崩山斗、しゃがみ中K、影すくい前投げ、後ろ投げ、イズナ、獄鎖、
回転イズナとかなり豊富になりました。さらにマニアックな画面端裏周りプレイとかも
あるんですが正直端をしょっての獄鎖始動とかなんで割といらない感じです。
まあ獄鎖投げ大P小イズナぐらいはおぼえといてもいいんじゃないでしょうか。

んで、これらを組み合わせてセットプレイからセットプレイにつなげられると、
非常に強力です。てなことで実際どう繋いだらいいかなんて事を今回は例を挙げて
いきたいなと思います。パーツは今までの記事にあるものから抜粋していきましょう。


前投げ→めくり崩山斗〆→EXイズナ重ね→J大K重ね→EX崩山斗〆→画面端めくり

めくりやらイズナやらの対応をミスるとそれだけで勝負が決まる連携。全部入ることは
上に行けば行くほど無くなりますが、頭に入れといて損はない連携です。
でもこれだと始動が前投げだけですね、ここで別の始動にしてみましょう。


イズナ→J大K重ね→影掬い〆→詐欺とび→影掬い〆・・・

詐欺ループです。4〜5フレ無敵が主力の返し技の敵に強力。


とかこんなかんじで独自でセットプレイのループを作っていくと、試合展開がわかり
やすくなります。もちろん上級者には看破されやすいですし、コレだけって事もない
んですが、相手にとって"コレがきたらこういう対応をする"という意識を植え付けや
すいので、その裏をかいた連携などを独自に開発してみるのもいいかもしれません。


・・・とまあここまで書きためた記事を吐き出してきた訳ですが、
時期的に相手の対応が固まってきて厳しいのがガイの現状でしょうか。
今後の対戦を勝ち抜くためには初心者講座でもやった、意識配分に注意して
立ち回ることが重要な気がします。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9


ガイ 攻略 スパ4 その3

2010/06/22 23:59
はい。そんな訳で第3回。
前回紹介したセットプレイ

前投げ→スラ前いれっぱで歩き始めたら前J大K→下大P→中P→EX崩山斗
or
前投げ→スラ→前J→遅らせグラ仕込みコア



これについて今回はくどくど語っていきますよ。したらばにも書き込んだけど
特に反応なかったですしね!この連携、まあよくある昇竜キャラにかなり有効です。

まずこれ、大Kが当たれば最後までフルヒット且つ下大Pが打点で最速グラップに刺さ
り、下大P後の中Pはビタで3Fに割り込まれず、遅れても距離の関係でコアの外から
中Pが刺さりやすい位置です。ここからガード時は弱崩山斗で割り込みが難しく、
さらにガード後-2F。

ここも適度に旋風脚などで無敵択をかけると更に中Pをガードさせて
固められます。とまあいいことばかり書き込みましたが無敵であっという間に割られる
のでそこは注意。しかしですよ。ガイ相手にすかる位置で無敵を出すってかなり勇気
がいるんですよね。大体獄鎖たたき込めますから。

これが入れば追撃含めダメ280程度入りますので相手にとってはかなりの
プレッシャーになります。このプレッシャーをうまく使って
前J→遅らせグラ仕込みコアで逆の選択肢。
昇竜狩りですね。ガードした後は獄鎖を筆頭に好きにして下さい。
・・といいたいところなんですが、ここでもダブルアップをねらって見ましょう。

獄鎖後、EXを入れず相手が最速受け身をとった場合にも
前いれっぱで歩き始めたら前J大K連携で同じ状態になります。

いわばこれ起き攻めループなんですよね。

まあこの連携の最大の利点は、J大Kを低い打点で
当てたりさせる数少ないチャンスなんですね。これガイにとってすごい重要です。
ガイは通常キャラとJ軌道が全然違うのでこの機会が全然ない。
これがガイの立ち回りがあやふやになっている最大のポイントなのでは
ないでしょうか。

このセットプレイを覚えるとわりと動きがかっちりしてくるので是非有効活用して
みてはどうでしょうか。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


ガイ 攻略 スパ4 その2

2010/06/21 12:07
そんな訳で以前の回ではガイは待ちキャラみたいなこと言ってましたが、
待ってばかりもいられないのも事実。現に自分より実力の低い相手なんか
には圧殺した方がいい場合が多々有ります。

じゃあTCからのイズナ肘連発に投げ絡めてボコボコにしてやるぜ!
って考えてる方。多分ボコボコになってるのは自分の方だと思います。
いや、自分はなりましたorz

というのもどんなレベル帯の人でもTCイズナ肘がやっかいなのは大体知れ渡って
いるんですね、だから適当にやってTCイズナ肘に昇竜(無敵系含む)しとけば
ガイなんて大抵勝手にやられてる。ってのがガイあんまり知らないけど大して
ガイに負ける気もしないって軍勢だとおもいます。

では具体的にどうするかというと起き攻めの強力なセットプレイを覚える事ですね。
てなことでよく使われているのが

前投げ→前Jx2からの肘(表)と中K(裏)


の連携。単純ながら強力です。ポイントはここに至るまでに相手がガイを知ってる
かどうかを見極めることが大切です。単純にPPなんかも参考になりますし、開幕の
大イズナを見せた時にどう反応するか?なんてのでも有る程度見分けがつきます。
今だけですけどネ。それから是非自分がお勧めしたい連携がコレ

前投げ→スラ前いれっぱで歩き始めたら前J大K
or
前投げ→スラ→前J→遅らせグラ仕込みコア


前歩きのタイミングで4〜5Fのサギになったりならなかったり。自分でいうのも
何ですが、使用してる人があまりいなく、且つ強力だと思います。
J大K後には下大P→中P→EX崩山斗と連携させましょう。ガードしてたら小崩山斗で。
単純にこれやりゃあいいんですけど、せっかくなので次回はこの連携についてくどくど
説明させてもらいやす。


※溜め込んだ記事を放出しているので現在(6月下旬)は比較的捌かれやすい
  連携かもですがそれなりに有効です。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


ガイ 攻略 スパ4 その1

2010/06/17 12:47
さてそんな訳でちょっとほっぽいといた
ここ利用してガイの攻略でもつぶやいていこうかなと思うでゴザルよ。
ツイッターだとなんか記事流れちゃうしね。

てな訳で自分の実力とかまず明記します。
PS3
PP3000〜4000ぐらいをうろうろ。
BPは8200。
メインキャラはガイ。
サブでベガ。

サブベガっていうか本当はSF4からベガ使いなので
メインなんですけどね。今回非常に強くなったんで
ガイに転向しました。

まあ掲示板とかで載ってる情報ものせてくつもりなんですが
基本的にオリジナルの連携とか載せてきたいです。

そんな訳で基本戦術から見ていきたいと思います。
よくガイはイズナが強くて堅めが簡単なのでガン攻めキャラ
って思われがちですけど、相手が対処をしやすいので中々
難しいところですな。そこでお勧めしたいのが
強力な判定の肘や中Kなどを利用して、我が身を守る。
これぞ武神流極意

無事でござる

でゴザルな。具体的には通常技の対空精度や要所でのセビバックダ、
各キャラの強力連携への対処が必要になってきますが、最も重要なポイントは

中途半端な位置で戦わない

になります。というのも通常技が弱すぎて差し合いなんて到底無理
な訳なので、思いっきり離れるか思いっきり近づくかの試合展開が
個人的には強いと思います。基本コンボなんかはいけてるけどガイの
立ち回りがわかんなくて普通にキャラ差で負けるって人は
大体この立ち回りがあやふやな場合が多い気がします。それでも
詰みキャラとかにはどうしようもないですけどネ。
次回からはもっと具体的な事も書いていきたいと思うんですが、今回言いたいことは
中途半端な位置で戦わない
これにつきるという事でまた次回。



P.S
>PS3にいってしまわれた才さんの容態はどうですか?



ロスプラ2をプレイして吐きそうになった





けれど、元気でゴザルよ。箱フレからコメントもらったり
スカイプ申請もらって拙者、泣きそうになったでゴザル。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


トップへ | みんなの「スパ4ガイ」ブログ

才のAC4ブログ スパ4ガイのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる